×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シャネルマトラッセバッグ

シャネルのマトラッセは数あるデザインの中でシンボルといえる一つです。上品な面持ちは、フォーマルなパーティの場面でベストマッチのバッグです。また高級感があるにもかかわらず、カジュアルなシーンにおいても合わせやすく、どんな場面でも使えるシャネルの王道といえるバッグです。創始者、ココ・シャネルのコンセプトといえる、「永遠の愛」えお追い求める精神。そして、女性の最大の武器である美しさと女性らしさを追い求める精神の二つを合わせ持つデザインがマトラッセのバッグと言えます。さまざまな時代を生き抜いてきたシャネルであるからこそ、今の時代でも高級感と上品さ洗練されたフォルムを保ち続けているのでしょう。

マトラッセ以外のラインの数々

カンボンラインは、シャネルの一号店をオープンした通りの名前からつけていて、代表するコレクション大きなCCマークがポイント。キャビアスキンは、細かな起伏が粒上に施され、傷がつきにくく丈夫な作りが人気を集めている。アイコンシリーズは、これまでシャネルの歴史を築いてきたNo.5をはじめ、ココマーク・ハート・クローバー・星などのアイテムが型押しされたシリーズで、その可愛らしさが人気を呼んでいる。マドモアゼルラインはシンプルなデザインであるが、高級ラムスキンを素材に使い黒地に白のストライプが、落ち着いた雰囲気を漂わせている。このほかには、ニュートラベルライン、南国で過ごすためのファッションのクルーズライン、スポーティな装いのスポーツライン、ダイヤ型とチョコバーの2種類のデザインをもつワイルドステッチ、ココマークのボタンのココボタンと様々のラインがある。

マトラッセの歴史

シャネルで販売しているラインナップには、バッグもしくはカバン財布、時計、ジュエリー、香水そのほかにも多数ある。シャネルのなかで不動の位置を得ているラインは、言わずと知れたマトラッセンラインです。1929年にダイヤ型をモチーフにし、格子状に縫いこんだキルティングのデザインを発表したのが、マトラッセになります。当時は、画期的でなおかつ斬新なフォルム(装飾的な要素と堅牢性を向上させるという2面性を併せ持った)が注目をあびた。それ以来今日まで、その輝きを失わずに王道を走りつづけています。トートバッグ・ハンドバッグ・ショルダーバッグ・ボストンバッグ・ポーチ・リュックサックなどのカバン系のもの、財布や時計に至るまで様々な場面で活躍しています。

Copyright © 2007 シャネルマトラッセが王道のライン